メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.I

メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.I スタートレック

メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.I

(C)BattlestarGalacticaUniversalNetworkTelevisionLLC.AllRightsReserved.組み立て、塗装が必要な製品。別途、工具、塗料等が必要。›もっと見る

バトルスター・ギャラクティカシリーズのキット化で全世界のファンを熱狂させたメビウスが、遂にオリジナルシリーズにも進出!最新のCAD設計による完全新金型で、往年の名戦闘機コロニアル・バイパーMk.Iがよみがえる。既発売中のバイパーMk.IIやMk.VIIと同一スケール・同一フォーマットで並べて、それぞれのデザインの違いや変遷を楽しめる。(Amazon.co.jpより)

メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.I口コミ評価

原型は40年近く前のモノグラム製をトミー、バンダイ、レベルと業者を変えながら国内に流通していました。初代からの物はキャノピーは透明ではなく、機首先端のインテーク内にはミサイル発射ギミック(?)の穴が開いていたりしておりました。たぶんこの製品を元にしてメビウスモデルが改修したものと思います。今回の改修モデルは機首先端インテークに「格子状」のモールドが追加され、キャノピーも透明になり、コクピットの内装もそれらしくされ、パイロットも追加されたのでかなり見栄えはよくなったと思います。それから今まで無かったソリ付きの脚も追加再現。後部エンジンノズル内の部品も「電飾してください」といわんばかりに透明部品に置き換わりました。せっかくの配慮に応えるために私はLEDを使用し電飾してみました。尚、機体のデカールですが、私も昔はスターウォーズの影響からか「赤」ラインと思っておりましたが、今、映画を見返すと「オレンジ」ラインでした。ラッカー系塗料のクレオスの59番「オレンジ」がほぼ同じ色調なので、デカールが剥がれた時の補修や、最初からデカールを使わず、塗装で仕上げたい方にはこのオレンジ色を推奨致します。

メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.Ⅰを購入しました。以前のモノグラム製とは比べものにならない、出来映えの良さと精密なモールド!これは、優れものです。

中学生のころ、TVで見て、バンダイ/モノグラムのプラモが欲しかったのですが、当時の小遣いでは購入出来なかった思い出があります。新作ということで、購入しました。(ほぼ同時期にバンダイ版も入手できました、キャノピーが、クリアーでない以外は、新作と比べてもそれほど遜色がないのには驚きましたが)

メビウスモデル1/32宇宙空母ギャラクティカシリーズバイパーMK.Iはこちら

タイトルとURLをコピーしました