ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型)

ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型) スタートレック

ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型) プラスチックモデルキットPOL820

完成時サイズ:全長 約310mm
著作権:(C)CBS

ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型)

商品の詳細

Assembly Time 5 時間
スケール 1/1000
対応言語 英語
品番 POL820
ピース数 35
組み立て式 はい
電池使用 いいえ
電池付属 いいえ
主な素材 プラスチック
素材の説明 プラスチック
リモコン付属 いいえ

ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型)口コミ評価

Amazonで購入
製作された方は、下地の塗装、サーフェイサー処理をどのようにしたのか、アドバイスが欲しいです。銀、白、グレー、黒の下地の色をどうすべきか?デカールの予備がないので、透けの予想が難しい。何も考えずに素組みにデカールを貼るべきですか?

映画版 エンタープライズ号です。 1701-Aとは一部細かいところが異なりますが大変良く出来た1701-Refitです。
最大の特徴は本体は はめ込め式で接着剤不要でも作れます。 そして本当の模型の良い所は船体アズテックパターンのデカールでしょう!
はめ込んだ後を軽くパテなどで埋めて、ベースホワイトなどで下地塗装したらデカールを施すことで、驚くほど良く出来た
エンタープライズ号の完成です。
この価格ならきっと満足の出来だと思います。

海外製にしては良くできており、デカール貼りがすべてな感じです。劇場版第一作に改装型として登場の艦です。
意外と商品画像は箱イラストのみなので、完成品を載せてみます(殆ど見えないですが、表示灯類はクリアパーツに改造しています)。
思った以上に綺麗に仕上がりました。内側をキチンと黒塗装で遮光して電飾も可能ですが、パイロン(ウィング)が薄いので太い配線は使えません。(ムギ球で挟んでもギリギリだった)。窓は四角形には無理ですが、ピンバイスで地道に丸穴を開ければいい感じです。

デカール貼りがほぼ全面に及ぶので、中断せずに各パーツごとで一気にやるに限ります。
特に円盤部は片面ずつ一気にやり終えてしまわないと、順番も混乱しそうだし勘も狂いそうです。

下地は折角のデカール模様を消さないよう、ベースホワイト(白サフ)のみです。説明書は英語ですが、図解されているので平気です。
一部の彩色部分は少量なので、指定カラ―でなくても手持ちで適当に調色と筆塗りで問題ないです。
繋ぎ目として目立ちやすい部分のパイロン(ウィング)と第二船体との接合部をどうしようかと思ったのですが、
埋めた形状ではデカールの方が歪んでしまうので止めました。
個体差があると思いますが、透明パーツは削るなど合わせが必要。それ以外は割と素直にパチパチと接着剤不要で接合できます。
その分、外しにくいので分解はオープナーはあった方がいいです。

デカールの量が量なので、全部組み上げてからではなく円盤部(上下別々のまま)やナセルなどに分けた方が作業しやすかったです。
第二船体のデカールは本体の窓枠位置とは少しズレたのですが、さほど目立ちません。
後部のシャトル出入り口のデカールは貼り辛かったので、塗ってしまいました。(丁寧に切りだせば問題なし)

ワープナセルとフロントディフレクターなどの透明パーツは、裏からエナメルのクリアブルーを何度か重ね塗りをしました。
デカールは周囲に透明のスペースが結構あるので、ギリギリまで切り込んだ方が作業しやすいです。
最後はよく乾燥したら、安定の為に湿度の低い日に水性トップコートの光沢を全面に塗って仕上げました。
(半光沢でもいいのですが、クリアパーツが艶消しになってしまうので保護が必要)
トップコートは湿度の高い時に吹くと、湿気を吸って白濁して直らないので気を付けてください。

以下追伸。
金属支柱を外せば、パツパツで接地状態に近いとはいえ以下のケースに収納可能だったので
参考に画像も追加しておきます。台座とジョイントパーツはひとまずグルーガンで仮留め中ですが
(台座に白く見えている部分)元に戻すのも外しやすいし安定性も問題なしです。
タミヤ ディスプレイグッズシリーズ No.7 ディスプレイケース F 73007

ポーラライツ 1/1000 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A (改装型)はこちら

タイトルとURLをコピーしました